司法試験予備試験の通信講座・予備校おすすめランキング!2024年比較と安い勉強【初学者向け対策】

司法試験予備試験の通信講座・予備校おすすめランキング!

司法試験・予備試験は、2023年以降は7月の実施に変更となり、合計3000時間以上必要な試験対策をスムーズに進める必要があります。

独学で試験対策はできますが、適切な勉強方法と少しでも合格率を高めるために、予備校や通信講座を活用したいですよね。

とはいえ、司法試験予備試験のおすすめ通信講座・予備校が分からないと悩んでいませんか。

この記事で分かるポイント

そこで本記事では、司法試験・予備試験の対策ができるおすすめ通信講座・予備校を詳しく紹介しています。

司法試験・予備試験は最短スケジュールでメリハリのある試験対策ができる通信講座がおすすめです。合格までの全体イメージをして、挫折しにくい通信講座を選びましょう!

シカクゲットナビ編集部おすすめ6選!

目次

司法試験予備試験のおすすめ通信講座・予備校6選の一覧表【2024年対策版】

司法試験予備試験の通信講座・予備校選びでどれがいいか迷ったら比較したいランキング一覧表を紹介します。

勉強経験がない初学者でもチャレンジしやすい通信講座や予備校になるため、挫折するリスクを減らしてスムーズな試験対策ができるでしょう。

特にはじめて通信講座や予備校を活用する場合は3つのポイントで比較がおすすめです。

  • 初学者向けでも分かりやすいカリキュラムの内容
  • 受講料が安くて無理なく支払いができる通信講座や予備校
  • メンタル面の負担が少ない環境や充実したサポート体制

シカクゲットナビ編集部が紹介している司法試験・予備試験おすすめ通信講座・予備校の一覧表は以下の通りです。

スクロールできます
通信講座公式サイトプラン受講料サポート体制

アガルート
受講する【2024・2025年試験対応】
①予備試験最短合格カリキュラム
②予備試験最短合格カリキュラム/ライト
※その他、プラン多数
768,460円
614,768円
657,800円
526,240円
※2024/7/14まで
質問サポート
予備試験合格特典

スタディング
受講する①司法試験合格コース
②司法試験合格コース
①89,100円
②128,000円
合格特典
学習Q&Aサービス

資格スクエア
受講する①合格フルパッケージ(9期)
②合格フルパッケージ(9期)製本テキストなし
①660,000円
②624,000円
無制限の質問
個別相談

伊藤塾
受講する複数コースありコースで異なる無制限の質問
個別相談

LEC東京リーガルマインド
受講する複数コースありコースで異なる無制限の質問
受講生専用自習室

Wセミナー
受講する①超速逐条予備フルパック
②超速逐条総合パック
③超速基礎力完成パック
①639,000円〜
②529,000円~
③449,000円~
Webスクーリング
Webフォロー
司法試験予備試験のおすすめ通信講座・予備校

おすすめの司法試験・予備試験の通信講座や予備校は6種類ですが、合格実績や日常生活の中で効率よく試験対策をするならアガルートがおすすめです。

通信講座は独学よりも受講料が高くなるデメリットはありますが、受講生の体験談や頻出傾向をもとに重要ポイントを中心のスムーズな試験対策ができます。

3000時間以上必要な勉強を継続する自信がない場合や初学者でも、挫折する可能性を減らして、最短スケジュールで合格を目指せるでしょう。

合格までの全体スケジュールや受講生の体験談・評判を参考に、適切な勉強方法で試験対策ができます。1回で合格を目指すならおすすめ通信講座から選ぶと良いですよ!

司法試験予備試験のおすすめ通信講座・予備校を詳しく紹介していきます。

アガルートは合格実績が充実して2人に1人程度が受講しているおすすめ通信講座

アガルートは合格実績が充実して2人に1人程度が受講しているおすすめ通信講座
https://www.agaroot.jp/
おすすめポイント
  • 初学者向けのテキストと映像講義でスムーズな試験対策ができる
  • 受講生の体験談をもとに頻出傾向を徹底分析したカリキュラムが評判
  • 司法試験の合格者占有率が45.3%で2人に1人程度がアガルートを活用
  • 最長12回までは分割手数料が無料で受講料の負担を減らせるキャンペーン

アガルート司法試験予備試験講座は、合格者の2人に1人程度が受講している実績があり、テキストと映像講義で効率よく試験対策ができると評判です。

1回の映像講義は30分以内が基本になっており、短時間でメリハリのある試験対策ができることもポイントになります。

アガルート司法試験・予備試験講座の映像講義

例えば、勉強経験のない初学者や独学では挫折する心配がある状況でも、アガルートならメリハリのある試験対策で最短ルートで合格を目指せます。

オプションや個別カウンセリングは先着順で在庫切れになりやすい人気の司法試験・予備試験通信講座になるため、早めの受講がおすすめです。

通信講座アガルート
2024・25年対策プラン①予備試験最短合格カリキュラム
②予備試験最短合格カリキュラム/ライト
2024・25年対策受講料768,460円
614,768円
657,800円
526,240円
※2024/7/14まで
2025・26年対策プラン①予備試験最短合格カリキュラム
②予備試験最短合格カリキュラムライト
2025・26年対策受講料①932,800円
②822,800円
合格者数司法試験:636人
※令和4年度実績
合格率不明
勉強スタイルテキスト
映像講義
サポート質問サポート
予備試験合格特典

スタディングは受講料が安いランキング1位で気軽に受講しやすい

スタディングは受講料が安いランキング1位で気軽に受講しやすい
https://studying.jp/
おすすめポイント
  • 受講料が安い通信講座ランキングで1位の通信講座
  • スマホ1台だけで合格を目指せる勉強スタイル・スケジュール
  • 仕事や家事・子育てをしながらでもスキマ時間を有効活用

スタディング司法試験予備試験講座は、スマホ1台だけで合格を目指せる唯一の通信講座で、仕事との両立がしやすいスケジュールがおすすめです。

映像講義やWebテキストで試験対策を進める勉強スタイルで、重要ポイントを確認しながらメリハリのある試験対策ができます。

さらに受講料が安い司法試験予備試験ランキングで1位になるため、安いプランで負担を減らしたい場合におすすめな通信講座がスタディングです。

通信講座スタディング
2024年対策プラン①予備試験合格コース(基礎)
②予備試験合格コース(総合)
2024年対策受講料①89,100円
②138,000円
合格者数不明
合格率不明
勉強スタイルWebテキスト
映像講義
サポート合格特典

資格スクエアはAIを活用した試験対策でサポートが充実している

資格スクエアはAIを活用した試験対策でサポートが充実している
https://www.shikaku-square.com/
おすすめポイント
  • 論文添削は業界最多の205通対応していて確認しながら試験対策が可能
  • 短答式試験模試でAIを活用した対策ができて本番を意識しやすい
  • 学習進捗相談のフォローアップ制度が充実して挫折しにくい環境

資格スクエア司法試験予備試験講座は、論文添削が205通になるため、通信講座内で最も多く確認しながら試験対策ができる通信講座です。

合格までの学習進捗をフォローする体制が充実しており、挫折が心配な場合なら資格スクエアを受講すると問題点や課題を発掘しやすいでしょう。

さらに過去問対策だけでなく、出題予想をAIで実施し、試験本番を意識した準備ができる通信講座が資格スクエアです。

通信講座資格スクエア
2024年対策プラン①合格フルパッケージ(9期)
②合格フルパッケージ(9期)製本テキストなし
2024年対策受講料①759,000円
②719,400円
合格者数不明
合格率司法試験:22.8%
※令和4年実績
勉強スタイルテキスト
映像講義
サポート無制限の質問
個別相談

伊藤塾は通学スタイルの情報をもとに初学者向けの勉強スタイル

伊藤塾は通学スタイルの情報をもとに初学者向けの勉強スタイル
おすすめポイント
  • 通学の受講生が体験していたポイントを取り入れた試験対策ができる
  • 凡ミスを防止する対策が充実していて自信を持って試験本番に臨める
  • 個別相談プランなら講師に確認しながら正しい知識を理解しやすい

伊藤塾司法試験予備試験講座は、通学と通信の両方を対応しており、1,100人以上が合格した実績があります。

挫折する心配がある場合は、講師に個別相談ができるプランもあるため、初学者でも気軽にチャレンジしやすいと評判です。

合格実績が豊富な通信講座を活用して、マイペースに試験対策をしたい場合なら伊藤塾がおすすめの通信講座になります。

通信講座伊藤塾
2024年対策プラン複数コースあり
2024年対策受講料コースで異なる
合格者数司法試験:1,132人
※令和4年実績
合格率不明
勉強スタイルテキスト
映像講義
サポート無制限の質問
個別相談

LEC東京リーガルマインドは複数の教材と組み合わせをした対策がしやすい

LEC東京リーガルマインドは複数の教材と組み合わせをした対策がしやすい
おすすめポイント
  • 複数のプランから理解度・状況に応じた試験対策ができる
  • 寄り添ったサポートで初学者でも前向きに準備がしやすい
  • 初学者向けのコースや経験者・直前期対策など組み合わせがしやすい

LEC東京リーガルマインド司法試験予備試験講座は、直前期の対策が充実しており、独学や他社の通信講座でイメージしにくいポイントを確認しながら試験対策ができる通信講座です。

通信講座は教材やプランの変更がしにくいデメリットはありますが、LEC東京リーガルマインドだと相性や苦手ポイントの確認をしながら万全の準備ができます。

初学者で1回で合格する自信がない状況やモヤモヤした感情を少しでも払拭したい場合におすすめな通信講座が、LEC東京リーガルマインドです。

通信講座LEC東京リーガルマインド
2024年対策プラン複数コースあり
2024年対策受講料コースで異なる
合格者数不明
合格率不明
勉強スタイルテキスト
映像講義
サポート無制限の質問
受講生専用自習室

Wセミナー(TAC)は受講プランが多くて状況に合わせた試験対策がしやすい

Wセミナー(TAC)は受講プランが多くて状況に合わせた試験対策がしやすい
おすすめポイント
  • 複数のプランから状況に合ったスケジュールで試験対策ができる
  • 歴史のある通信講座でスムーズな試験対策ができる
  • 積極的な割引キャンペーンで安い受講料でチャレンジがしやすい

Wセミナー(TAC)司法試験予備試験講座は、複数のプランから悩みや状況に合った勉強スタイルで試験対策ができる通信講座です。

LEC東京リーガルマインドと同様に歴史の長い通信講座になり、Webスクーリングでは講師に確認をして、苦手ポイントを克服しやすいサポートが評判になっています。

通信講座Wセミナー(TAC)
2024年対策プラン①超速逐条予備フルパック
②超速逐条総合パック
③超速基礎力完成パック
2024年対策受講料①639,000円〜
②529,000円~
③449,000円~
合格者数不明
合格率不明
勉強スタイルテキスト
映像講義
サポートWebスクーリング
Webフォロー

司法試験予備試験のおすすめ通信講座・予備校6選を比較するポイントは3つ

司法試験・予備試験のおすすめ予備校や通信講座を比較するポイントは3つです。

  1. 初学者向けでも分かりやすいカリキュラムの内容
  2. 受講料が安くて無理なく支払いができる通信講座や予備校
  3. メンタル面の負担が少ない環境や充実したサポート体制

最短スケジュールで効率よく合格を目指したいけど、おすすめの通信講座・予備校選びで迷っている場合は比較ポイントを確認しましょう。

おすすめ比較ポイント①:初学者向けでも分かりやすいカリキュラムの内容

アガルート司法試験・予備試験講座のテキスト

1つ目の司法試験・予備試験通信講座のおすすめ比較ポイントは、初学者でも分かりやすくてスムーズな対策ができるプランです。

司法試験や予備試験で合格するためには3000〜8000時間は必要と評判ですが、通信講座や予備校を受講することで重要ポイント中心のコンパクトば試験対策がしやすくなります。

通信講座や予備校を使うメリット
  • 3000時間以上必要な勉強をコンパクトに凝縮できる
  • 初学者でも重要ポイントが分かりやすい通信講座や予備校が多い
  • 過去の合格実績や受講生の体験談を参考にした教材で試験対策ができる
  • 司法試験・予備試験に特化した講師に相談しながら受講できる

例えば、1日8時間の勉強を継続する場合でも1年以上の日数が必要なペースです。

さらに、正しい勉強方法と適切な理解が必要になるため、必ず3000時間の勉強だけで合格レベルまで到達できるわけではありません。

比較ポイント独学通信講座
勉強方法参考書を中心に複数の教材を選んで試験対策を進める決められた教材とスケジュールで試験対策ができる
受講料通信講座や予備校と比較して受講料が安い独学と比較して受講料が高くなる
正しい勉強初学者の場合は正しい勉強方法で試験対策ができているか確認しにくい合格者の体験談を参考にしたスケジュールで試験対策ができる
独学と通信講座

司法試験・予備試験の通信講座や予備校は合格までのスケジュールが明確になっており、最短ルートで試験対策ができるメリットが特徴です。

中でもアガルートスタディングは、専門の講師が厳選した重要ポイントを中心の教材になっており、メリハリのある試験対策がしやすくなっています。

通信講座や予備校を受講すれば必ず合格できるわけではないですが、正しい知識をスムーズに理解ができる環境を選ばないと挫折するリスクが高いです。比較する上で、ストレスなく試験対策ができるプランは意識しましょう!

おすすめ比較ポイント②:受講料が安くて無理なく支払いができる通信講座や予備校

おすすめ比較ポイント②:予算内の安い通信講座・予備校

2つ目の司法試験・予備試験通信講座のおすすめ比較ポイントは、予算内で受講できるで安いプランです。

司法試験・予備試験を目指せる予備校や通信講座は、他の国家資格試験と比較して受講料が高いプランが多くなるため、予算に合わせて受講しないと支払い面の心配が出てしまいます。

分割払いや割引キャンペーンの活用や受講料が安い通信講座ランキングで比較して、負担の少ないプランを選ぶと良いです。

司法試験・予備試験
受講料が安いランキング

例えば、最安値であるスタディング司法試験予備試験講座と2位のWセミナーを比較しても、受講料は350,000円以上安いです。

受講料の安さで教材の質が異なるわけではないため、予算を考慮した上で比較した方が余計な心配をすることなく、司法試験・予備試験の対策ができるでしょう。

1年に1回しかないチャンスに自信を持って臨むために、無理なく受講できる予算を考えて比較すると良いですよ!

おすすめ比較ポイント③:メンタル面の負担が少ない環境や充実したサポート体制

アガルート司法試験・予備試験講座の合格までのスケジュール

3つ目の司法試験・予備試験通信講座のおすすめ比較ポイントは、信頼できるサポート体制やメンタル面の負担が少ない環境選びです。

独学と比較して、通信講座や予備校は質問・課題添削・カウンセリングなどのサポートが含まれるプランが多くなります。

3000時間以上必要な試験対策をストレスなく進められる通信講座を選んだ方が、長期間の継続で挫折するリスクを減らせるでしょう。

充実した環境選びをする軸は、サポート面での比較もポイントです。教材の質だけでなく、講師との信頼関係を気づくことも最短ルートで合格できる秘訣でしょう。

シカクゲットナビ編集部おすすめ6選!

安い司法試験予備試験おすすめ通信講座・予備校ランキング

安い司法試験予備試験おすすめ通信講座・予備校ランキングを紹介すると以下の通り、スタディングが最安値になります。

司法試験・予備試験
受講料が安いランキング

独学と比較して通信講座や予備試験は受講料が高くなるため、予算内で無理なくチャレンジができるプランを選びましょう。

受講料が安いランキング1位:スタディング司法試験予備試験講座

受講料が安いランキング1位:スタディング司法試験予備試験講座

司法試験予備試験講座の受講料が安いランキング1位はスタディングです。

  • 予備試験合格コース(基礎):89,100円
  • 予備試験合格コース(総合):138,000円

スタディングはスマホだけで試験対策ができ、スキマ時間を活用した勉強スタイルが評判です。

ランキング2位のWセミナーよりも350,000円以上安いプランになっており、負担の少ない通信講座で合格を目指したい場合におすすめになっています。

過去の体験談を参考にしたスケジュール管理や教材を活用できるため、安い受講料だけでなく、重要ポイントを中心にメリハリのある試験対策が可能です。

受講料が安いランキング2位:Wセミナー司法試験予備試験講座

受講料が安いランキング2位:Wセミナー司法試験予備試験講座

司法試験予備試験講座の受講料が安いランキング2位はWセミナー(TAC)です。

  • 超速逐条予備フルパック:639,000円〜
  • 超速逐条総合パック:529,000円~
  • 超速基礎力完成パック:449,000円~

Wセミナー(TAC)は受講生の実績が豊富なため、過去の傾向を参考にした教材で試験対策ができます。

複数のプランから選択できるため、安い受講料だけでなく、トレンドや頻出傾向に合わせた環境で司法試験予備試験の対策をしたい場合におすすめな通信講座がWセミナー(TAC)です。

受講料が安いランキング3位:アガルート司法試験予備試験講座

受講料が安いランキング3位:アガルート司法試験予備試験講座

司法試験予備試験講座の受講料が安いランキング3位はアガルートです。

  • 予備試験最短合格カリキュラム:768,460円691,614円
  • 予備試験最短合格カリキュラム/ライト:657,800円592,020円

合格率や合格者数が充実しているアガルートは、映像講義やテキストで効率よく合格を目指せる勉強内容が評判です。

スケジュール調整がしやすく、理解する順番や重要ポイントを理解しやすいメリットが評判で、合格者の2人に1人程度がアガルートを受講しています。

実績重視かつ受講料の負担を減らしたい場合は、アガルート司法試験予備試験講座がおすすめです。

独学で司法試験・予備試験の合格を目指すメリット・デメリット

独学で司法試験・予備試験の合格を目指すメリットやデメリットを紹介します。1年に1回しか受験するチャンスがないため、理想の勉強方法を見つけましょう。

仕事や家事をしながら試験対策がしにくい

独学で司法試験・予備試験の勉強をすると、スキマ時間を活用したスムーズな試験対策がしにくいデメリットがあります。

受験のみに集中できる環境の場合は時間の調整がしやすいですが、仕事や家事をしながら試験対策をする状況であれば1日の中でスキマ時間を見つけて効率よく勉強しなくてはなりません。

例えば、平日は早朝と夜・長時間は土日のみの試験対策になる状況で、合計3000時間の勉強をする場合は以下のようなスケジュールのイメージです。

(例)平日4時間・土日12時間ずつ勉強する場合

1週間44時間の勉強×68週間(17ヶ月間)の勉強を継続するペース

つまり、時間配分を考慮して重要ポイントを中心にメリハリのある勉強ができれば良いですが、ダラダラ時間を過ごしてしまうリスクもあります。

初学者が限られた時間内で効率よい試験対策をするなら、独学よりもおすすめ司法試験・予備試験の通信講座から考えた方が良いでしょう。

サポートがないと不安な気持ちが増す可能性

アガルート司法試験予備試験講座はサポートが充実

通信講座で司法試験・予備試験対策をする場合は、独自のサポートがカリキュラムに含まれます。

独学はあなた自身でメンタルコントロールをしながら合格を目指す必要があるため、長期間の試験対策に自信がない場合はおすすめできません

通信講座に含まれるサポート例
  • 講師への質問で疑問に感じるポイントの確認ができる
  • 個別相談・面談でメンタルコントロールがしやすい
  • 論文添削で試験本番で落ち着いて臨める準備を進める

例えば、自分のペースで合格を目指していきたい場合や周りの影響に惑わされたくない状況であれば独学がおすすめですが、サポートを受けながら合格を目指す受験生が多いです。

3000時間以上の勉強を継続できる強いメンタルや勉強経験がないなら司法試験・予備試験の通信講座を受講すると良いでしょう。

合格までのスケジュール調整が難しい

アガルート司法試験予備試験講座のスケジュール

繰り返しになりますが、司法試験・予備試験は他の国家資格と比較しても長期間の勉強が必要です。

独学で合格を目指すなら自己管理や効率の良いスケジュール調整が必要になるため、時間配分や試験対策に不安を感じている場合はおすすめできません。

例えば、独学に近い勉強方法で合格を目指すならスタディング司法試験・予備試験講座であれば、あなた自身でスケジュール調整をつつ、実績が豊富な勉強方法のもとで試験対策がしやすいです。

目先のイメージだけでなく、合格までの全体スケジュールやイメージを確認した上で勉強方法を考えてみましょう。

通信講座よりも受講料が安くなる

独学で司法試験・予備試験の試験対策をするメリットは、通信講座よりも安い費用で合格を目指せることです。

難易度の高い司法試験・予備試験の合格を目指すために実績が充実している通信講座で受講するメリットは大きいですが、受講料は他の国家資格と比較しても高いです。

勉強環境だけを整えても予算内で勉強ができなければ余計な心配をするリスクがあるため、予算をかけられない場合は独学がおすすめです。

独学のメリットをおさらいしよう!
  • 通信講座よりも受講料が安くてチャレンジしやすい
  • 好きな教材でマイペースに合格を目指せる
  • 通信講座の受講だけでは合格はできないことに注意!

シカクゲットナビ編集部おすすめ6選!

司法試験予備試験の最新日程

試験日程
予備試験短答試験令和5年7月16日(日)
予備試験論文試験令和5年9月9日(土)・10日(日)
予備試験口述試験令和6年1月20日(土)・21日(日)
司法試験令和6年7月12日(水)・13日(木)・15日(土)・16日(日)

2023年より予備試験の試験日程は、例年の5月よりも2ヶ月程度後ろ倒しになります。

スピードや準備期間・モチベーション維持に変更が出ているため、通信講座や予備校で試験対策をする場合はスケジュール調整に注意が必要です。

基本的には決まっているスケジュールに沿って試験対策を進めますが、試験日程を確認した上で受講した方がトラブルを防止できるでしょう。

司法試験予備試験おすすめ通信講座・予備校の比較に役立つよくある質問

司法試験予備試験おすすめ通信講座・予備校の比較に役立つよくある質問を紹介します。

おすすめの司法試験予備試験通信講座はどこですか?

初学者におすすめの通信講座は、アガルート司法試験予備試験講座です。

2人に1人程度が合格した実績があり、映像講義中心でスムーズな試験対策がしやすくなっています。

スケジュール調整も明確になっており、挫折しにくい環境で合格を目指せるでしょう。

受講料が安い司法試験予備試験講座はありますか?

安くて負担が少ない司法試験予備試験講座が良い場合は、スタディングがおすすめです。

司法試験予備試験は受講料が高い通信講座が多いため、予算に合った環境で合格を目指しましょう。

どのくらいの期間勉強すれば合格できますか?

個人差はありますが、3000時間以上の勉強が必要とされています。

通信講座を受講すれば重要ポイントを中心にメリハリのある試験対策ができるため、最短ルートで合格を目指せるでしょう。

通信講座や予備校を受講するメリットはなんですか?

質問や課題添削をしながら、最短スケジュールで合格を目指せることです。

重要ポイントが分かりやすく、メリハリのある試験対策で司法試験・予備試験の勉強ができるでしょう。

司法試験予備試験通信講座のデメリットを教えてください。

独学よりも受講料が高くなり、途中で教材の変更がしにくいことです。

受講する前に複数の司法試験予備試験通信講座を比較して、支払いをした後のギャップを防止しましょう。

1日の勉強時間はどのくらいですか?

通信講座ごとに異なりますが、1日3時間程度の勉強でも合格を目指しやすいスケジュールが多いです。

日常生活の中で無理なく合格を目指せるスケジュールの司法試験予備試験通信講座を選びましょう。

挫折しないか心配です。

通信講座を活用すれば、質問や課題添削などのサポートが含まれるため、独学と比較して挫折するリスクは少ないです。

メリハリのある試験対策でマイペースに司法試験予備試験の勉強ができる環境を選びましょう。

初学者向けの司法試験予備試験通信講座はどこがおすすめですか?

合格実績が充実しているアガルート司法試験予備試験講座がおすすめです。

テキストと映像講義で学べるだけでなく、Facebookを活用した質問ができるため、疑問を残しにくいプランが評判になります。

まずは公式サイトで勉強イメージを確認して、無理なく合格を目指せるか確認してみましょう。

司法試験予備試験対策をするならアガルートがおすすめ!

司法試験予備試験対策をするならアガルートがおすすめ!

司法試験予備試験通信講座の比較でどれがいいか迷ったら、アガルートがおすすめです。

初学者でもテキストと映像講義でスムーズに理解ができるため、挫折しにくいプランが評判で、さらに合格実績が豊富な勉強スケジュールに沿った試験対策ができます。

アガルートがおすすめの理由
  • 初学者でもスムーズに理解ができる司法試験予備試験講座
  • 映像講義で重要ポイントがスムーズに理解できるプラン
  • 合格者・合格率が充実している通信講座で試験対策ができる
  • Facebookで質問をしながら合格を目指せる
  • 1回30分以内のメリハリある勉強で試験対策ができる

司法試験予備試験は3000時間以上の勉強が必要とされており、合格までのスケジュール調整を確認しないと挫折するリスクが高いです。

一方で通信講座や予備校を活用すれば、初学者でもスムーズに理解ができる教材を活用できるだけでなく、全体像を確認しながら試験対策ができます。

1年で1回しかない試験本番で実力を発揮するために、余計な心配事を減らして対策ができる司法試験予備試験で合格を目指しましょう。

通信講座の受講経験がなければ、資料請求をすると体験談や合格までのイメージを確認できます。アガルートはしつこい勧誘がないため、受講する前に確認してみると理想通りの環境であるか確認ができますよ!

スクロールできます
通信講座公式サイトプラン受講料サポート体制

アガルート
受講する【2024・2025年試験対応】
①予備試験最短合格カリキュラム
②予備試験最短合格カリキュラム/ライト
※その他、プラン多数
768,460円
614,768円
657,800円
526,240円
※2024/7/14まで
質問サポート
予備試験合格特典

スタディング
受講する①司法試験合格コース
②司法試験合格コース
①89,100円
②128,000円
合格特典
学習Q&Aサービス

資格スクエア
受講する①合格フルパッケージ(9期)
②合格フルパッケージ(9期)製本テキストなし
①660,000円
②624,000円
無制限の質問
個別相談

伊藤塾
受講する複数コースありコースで異なる無制限の質問
個別相談

LEC東京リーガルマインド
受講する複数コースありコースで異なる無制限の質問
受講生専用自習室

Wセミナー
受講する①超速逐条予備フルパック
②超速逐条総合パック
③超速基礎力完成パック
①639,000円〜
②529,000円~
③449,000円~
Webスクーリング
Webフォロー
司法試験予備試験のおすすめ通信講座・予備校
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社リロードマインドのシカクゲットナビ編集部。民間資格を中心に暮らしで役立つ資格を複数合格。生活リズムの中で無理なく合格を目指せるおすすめ通信講座をナビゲーションしています。

目次